洗濯物を干す時に気をつけることは?洗濯上手になる5つのポイント

洗濯物は上手に干せていますか?

洗濯のやり方は、夫婦間で驚いたことにもよく上がるほど、人それぞれ違いがあります。

正しいやり方を知らないで行っていると、毎度のことなので、衣類がすぐに駄目になってしまったり、縮み・伸び・型崩れ・臭いなどの憂鬱の原因になりかねません。

そこで、洗濯物を干す時に気をつけることをまとめてみました。

コインランドリーに、わざわざ行くのが面倒な時は→ おすすめクリーニング

しわを伸ばしてから干す

脱水が終わった洗濯物は、軽く振ったり、ハンガーにかけてから、生地を軽く引っ張ったり、両手で挟むようにして叩いたりしてしわを伸ばして干しましょう。

引っ張りすぎると、生地が伸びてしまう心配があるので、力の加減が必要ですが、しわを伸ばさないと、乾いたときに、しわくちゃのままとなってしまいます。

アイロンをかければしわ伸ばしはできますが、一度ついてしまったしわは伸ばしにくいので、干すときになるべく伸ばしておくと、アイロンがけも楽になります。

生地がたるまないようにする

無造作にハンガーにかけるだけだと、袖が伸び切らずに肩のところで生地が重なってたるんでいることがあります。

またー、タオル類をハンガーに欠ける場合、横幅が足りないので、たるませたり二重にしたりすることもあるでしょう。

塗れた生地が重なっているところは、乾きにくくなるため、半乾きのまま畳んでしまったり、嫌なにおいの原因となりがちです。

生地の重なりがないように、ハンガー、洗濯たこ(ピンチつきハンガー)や物干しを使い分けましょう。

ちなみに、フード付きの上着は、普通にハンガーにかけると、フードの部分にたるみができて生地が重なるため、なかなか乾きません。

逆さにして、胴体の筒部分の入り口を洗濯ハサミでとめてつるす干し方がおすすめです。

裏返して干す

色柄のTシャツやトレーナーなどは、裏返して干すほうがよい場合もあります。

理由は2つあって、一つ目は直射日光にあてて乾かす際に色あせを軽減するためです。

もう一つは、ボア素材など、裏地がついている場合は、外より内側が乾きにくいため、しっかりと乾かす必要があるからです。また、Yシャツやズボンも、縫い目の部分が乾きにくいので、ほとんどの衣類は裏返したほうが乾きやすいと言えるでしょう。

裏返して干すと、畳むときに面倒な気もしますが、家族が洗濯機に入れる際に裏返して入れるようにしてもらい、着るときに各自が表に返して着るようにするようにしてもらうという裏技もあります。

まぁ、慣れてしまえば、干したり、畳んだりするのは、勝手に手が動いてくれる一連の動作となるので、服を長持ちさせたい時は、参考にしてみてください。

干すときの間隔に注意

洗濯物を干す間隔は、できれば5cm以上あけて、空気の通り道ができるように意識するのがよいです。

厚手のものと薄手のものがあれば、交互になるようにしたり、ピンチハンガーの外側に長いものをかけ、内側に短いものをかけて、アーチ形にすると、乾きやすいと言われています。

風は、下から上へあがっていくので、靴下はつま先を上にして内側に風が通るようにし、乾きにくいジーンズ素材のズボンなどは、筒状につるすのもおすすめです。

まとめ

洗濯物を干すときに気をつけるべき5つのポイントについてご紹介しました。

すべて守れると理想的ですが、干す場所が限られているので、守りたくても守れないという事情があるかもしれません。

その場合は、なるべく乾きやすい素材を選ぶようにしたり、こまめに洗濯をして、1回に干す洗濯物の量を減らすとよいでしょう。

お気軽に共有してください
スポンサードリンク
トップ > 洗濯物を干す時に気をつけることは?洗濯上手になる5つのポイント