コインランドリー相談所

当サイトは全国のコインランドリーのまとめサイトです。「長期出張や旅行、合宿など宿泊先にて洗濯をしたい。」「衣類を汚してしまい選択でしみ抜きしたい。」などの急なニーズで近くにコインランドリーを探すことがあったりします。

また、日常生活において、自宅に洗濯機はあるけれども、布団などの大きなものを洗いたいので、大型コインランドリーを探している人もいるでしょう。

最近では。一時的な一人暮らしや仕事が忙しくて事務所に寝泊まりしているなどの事情で洗濯機を持たない暮らしをしている人も少なからずいます。そんな人たちにとって、便利なコインランドリー情報があると役立つのではと考えています。

体に密着するもので、常に身に着ける衣類や暮らしに生活な布製品などは常に清潔で気持ちよくしておきたいものですよね。快適に洗濯できるコインランドリーを上手に活用して、よりよい暮らしを実現してください。

コインランドリー店内写真

進化しているコインランドリー

コインランドリーとは、自宅に洗濯機を買えない苦学生や働き始めたばかりでお金のない若い社会人などが、こっそりと通うところだと思っていませんか?

昭和時代における印象だと、汚くて狭くて、無機質にランドリーが並んでいるところに、無精ひげを生やした独身男性が、洗い上がりを待つために漫画を読んで時間つぶしとしている・・・そんな風に考えている人もいるかもしれません。

たしかに、一人前の社会人となれば、給料はあがってそこそこの額を貰え、結婚したら洗濯機を購入して自宅で洗濯をすることが一般的な生活スタイルだった時代はありました。

でも、それは、日本が右肩上がりで成長を続けていた頃の話です。当時は、誰もが数年働けば給料は上がるもので、彼氏彼女がいない人でも年頃になると、どこからともなく相手を紹介されて、ほとんどの人が結婚できたのです。

しかし、今の時代は様子が変わってきています。数年働いても給料は上がらず、結婚できずに人が増えているだけでなく、初婚年齢も上がってきています。

さらに、多くの会社が集まる都心部で一人暮らしをしようとすると家賃が高くて苦しい生活を強いられます。洗濯機をわざわざ購入することさえやりくりが大変な人も少なからずいます。

しかも、長時間労働の傾向があり、毎日家に帰るのは深夜で休日出勤も珍しくない・・・となると、ゆっくりと洗濯をする時間を確保することさえ難しいのが現実でしょう。

このような時代の変化を経て、一時は利用者が少なくなったコインランドリーですが、ニーズが増え始めている傾向がみられるのです。

話が少しそれますが、コインランドリーの必要性は、日常的な汚れた衣類の洗濯だけでなく、宿泊先での洗濯にもあります。

格安航空券や高速バスなどの発達で、日本国内の移動が安くできるようになり、旅行、ライブツアーや音楽フェスに参戦、演劇などの公演で全国巡り、スポーツ試合の遠征など、泊りがけ手出かける人たちが増えてきていて、荷物をなるべく少なくしたいために、宿泊先でちょっと洗濯をするということが、コインランドリーの賢い使い方の一つにもなっているのです。

そして、これらのコインランドリーユーザーは20代・30代などの若い世代が多く、彼らの趣味嗜好に合わせて、コインランドリーが進化してきているといえます。

おしゃれなコインランドリー

今時の新しいコインランドリーは、ただ洗濯をするだけの場所ではなく、「おしゃれである」ということが大きな特徴です。

外国製のランドリーやセンスのいいランドリーかご。レンガ作りや清潔感のあるシンプルテイストのおしゃれな店内。

クリーニングの受付カウンターがあって、コンシェルジュ的なスタッフが受付をしてくれたり、洗い上がりの待ち時間をつぶせるようにカフェが併設されているところもあります。

おしゃれなコインランドリーを利用することはステイタスの一つにもなっているのです。

また、おしゃれなシーンをスマホで撮影してインスタにアップすることは、日常生活の定番行動となっていますが、新しいスタイルのコインランドリーはよく被写体になっています。

一方、昭和スタイルのコインランドリーも古さが逆におしゃれととらえる人たちもいて、ノスタルジーを感じてエモい風景として、インスタにアップしている人もみかけます。

全く違う感性でありながら、両極端のコインランドリー2タイプが、ともに注目を集めているというのは、面白い現象ですね。

コインランドリーでできること

ところで、コインランドリーでは、どんなことができるのでしょうか?

通常の家庭用洗濯機でできるのと同じような洗濯はもちろんできますが、コインランドリーは業務用の大きな洗濯機ですので、1週間分をまとめて洗濯し乾燥機にかけてすぐに着れる状態で持ち帰ることができるのです。

乾燥機も業務用のものなので、家庭用の乾燥機だと時間がかかったり、生乾きっぽくなるところ、コインランドリーで乾かせば、時間の短縮にもなり、もふかふかで気持ちよい仕上がりにできたりします。

洗えるものも衣類だけではありません。大型ランドリーでは、毛布や羽布団、大判のマットなどもらくらく投入できますし、特殊なものだと、スニーカーを洗える専用ランドリーを備えているところもあります。

また、古いタイプのコインランドリーは洗濯洗剤や柔軟剤を自前で用意して持っていかなければならないところもありますが、最近のコインランドリーは、洗剤や柔軟剤がランドリーに内蔵されていて、自動的に投入されるため、洗いたい物とお金さえ持っていけばOKというものが増えてきています。

コインランドリーの使い方はこちらの動画をご覧ください。

洗濯のあり方が変化してきている

コインランドリーがおしゃれで便利なものになっていることがお分かりいただけたかと思います。

洗濯の頻度、洗いたい物の大型化、まとめ洗いの必要、よりクオリティの高い仕上がりへの期待など、時代とともに、洗濯というもののあり方が変化してきているのですね。

洗濯にまつわる新しいサービスとしては、宅配クリーニングというものも広がってきています。

先にも述べた仕事の長時間労働化などの影響で、クリーニング店に衣類を持ち込むことも難しくなっています。

ビジネスで着用するスーツやコートなどはコインランドリーではなくクリーニングに出す必要がありますよね。

就職に伴って都心や都市部へでてきて一人暮らしをする人も多いですが、住んでいるところの近くにクリーニング店があるかどうかもよくわからない人も多いのではないでしょうか。

そういう方には、こちらのおすすめクリーニング.comを参考にご覧ください。

こちらのサイトは、日本全国の地域ごとにクリーニング店が紹介されており、宅配クリーニングの情報も書かれています。

仕事において身だしなみをしっかりと整えて、クリーニングに出された清潔な服装をしていることは大事なことです。服は顔よりも面積が広いので、他人に与える影響も大きいものです。

新しいスタイルのコインランドリーや宅配クリーニングなどを上手に利用して、忙しい現代社会においても、印象よく、気持ちよい衣類環境を実現させてくださいね。